profound light/淵光

一道禁止通行的門跟非得撞上的電線桿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

觀蔡國強-收租院後感

觀蔡國強-收租院後感

觀蔡國強-收租院後感

你灰敗的軀體宛若在展示一場末日後的重生
撲天捲地的火山粉塵之下
你不過是凝起來的時間之流中的
一瞬
極其幸運的從忘川中爬出
代價可能是一隻落在地上同雨水混和為泥的雙手
所謂徵跡
裂痕 或是
掌紋 或是 
在你脖子上因枷鎖而鑲嵌的印痕
然你那些過去和被迫 被壓迫的吆喝聲
大抵都同你身後那人手中握著的鞭子一同腐朽

已是無光的幽微之處
他的眼神卻在比你更遠的晨星的後頭
更為空無

20100217
スポンサーサイト
無題  | HOME | 台北素描系列詩

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。