FC2ブログ

profound light/淵光

一道禁止通行的門跟非得撞上的電線桿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快覽

想起邱妙津提到的那種悲劇性格,其實也不是為賦新辭的強說愁,可是不可否認的那種細膩‵強大‵又極為尖銳的的文字需要一點敏感度,若少了這樣的悲劇就誕生不出一個傑作。
所謂注定吃作家這行飯,大抵也是逃不開的矛盾宿命。

於是有時竟很害怕起單純的快樂,太過美好卻像麻痺知覺的毒藥,僵了能言語的那部份。
這部分是真的。
スポンサーサイト
再次依偎 | HOME | [銀桂]似視

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。